洗顔後は保湿する必要すらない!?

HOME > 保湿しない「宇津木流スキンケア」
スキンケアしないことが最高のスキンケア

今注目のスキンケア方法が宇津木流スキンケアです。このスキンケアの特徴はこすらない、洗いすぎない、何もつけないというもの。 水洗顔とクレンジング代わり純石けんを使うぐらいであとは何もしません。洗顔後の保湿もしません。

ただ、メイクしないこと・石鹸で落ちるメイクをすることが大前提です。こうすることでクレンジングの必要がなくなりますし、水洗顔で充分です。 肌の再生力と修復力に勝る保湿化粧品はないので、何もつける必要がないという考え方です。

化粧品をやめれば肌はどんどんきれいになる!

乾燥肌・敏感肌・アトピー肌も劇的に改善!?

2012年に「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」という本が発売されて以来、静かなブームになっているのが著者で医師の宇津木龍一さんが考案した宇津木流スキンケアです。

何をしても肌の悩みがよくならないトラブルがちな乾燥・敏感肌・ニキビ肌の方に特に好評でエステにいっても高級化粧品を使っても状態がよくならなかった肌が驚くほど激変すると 口コミで大きな広がりをみせています。

宇津木流スキンケアをひとことでいうと、一生続く肌断食です。ようするに毎日のメイク、それにともなクレンジングや洗顔、よかれと思って行っている基礎化粧品を使ったスキンケアすべてが肌にとって悪いので止めるというものです。 紫外線対策のための日焼け止めも基本的にはNGです。

こうすることで、メイクやクレンジング、洗顔による肌へのダメージをなくし、基礎化粧品による見せかけの美肌を排除することで肌本来の再生力と修復力を呼び起こすわけです。

美肌を保つには丁寧なスキンケアが必要だと私たちは当然のように思っていますが、それがかえって、本来、何もしないでも肌みずからが肌状態を察知してベストコンディションを保とうとする力を邪魔してしまっている というのが宇津木流スキンケアなんです。

奇跡のリンゴの木村さんの偉業により、無農薬栽培、さらに自然栽培というものに関心が集まるようになってきていますが、それのスキンケア版が宇津木流スキンケアともいえます。 化粧品メーカーや美容業界がこれまで作り上げてきた常識を真っ向から突き崩そうというそんな方法なんです。

実践!宇津木流スキンケア

つけない、こすらない、洗いすぎない!

宇津木流スキンケアではメイクはしても純石けんで落ちるものが推奨されます。クレンジングは細胞間脂質を溶かすので絶対に使いません。洗顔も基本的には水洗顔です。 決してこすってはいけません。洗いすぎてもいけません。

肌には基本的に何もつけませんが、唯一乾燥部位や敏感部位につけていいのがワセリンです。基礎化粧品はもちろんホホバオイルやオリーブオイルなどの植物性オイルもダメですし、日焼け止めも刺激になるのでNGです。

「つけない、こすらない、洗いすぎない!」とにかくこの3つを徹底します。

最初の2~3週間は、肌が大変なことになるそうです。これまで基礎化粧品で隠していたもの、ごまかしていたものがすべて表にでてくるからです。多くの人はここでスキンケアをしないから こんな肌状態になってしまうんだと考えてしまってすぐにまたこれまで通り基礎化粧品を使ったスキンケアを再開してしまうそうですが、この肌がボロボロになる時期を耐えられるかがすべてです。

この辛い時期を乗り越えると肌の再生力と修復力が徐々に本来の力を取り戻し、その作用を発揮するようになってくるので、肌のバリア機能が改善されて乾燥肌や敏感肌が改善しますし、 皮脂の分泌量や水分バランスも整うためニキビや毛穴の広がりといった肌の悩みも消えていくそうなんです。

本当にこんな常識破りな方法で肌の状態がよくなるのか不安な人や確信が持てない人も多いと思いますが、マイクロスコープなどを使って肌のキメを定点観測すれば一目瞭然で肌が変化していく様子がわかるそうです。

※マイクロスコープは数千円で買えますし、スマホで見れる便利なものもあります。

このページのまとめ
  • 従来のスキンケアの常識を覆した宇津木式スキンケアという方法がある。
  • つけない、こすらない、洗いすぎない!を徹底する。
  • 乾燥肌・敏感肌・アトピー肌などトラブルを抱えている人に特におすすめ。
  • 宇津木式スキンケアはお金も手間もかからない。

当たり前ですが、宇津木式スキンケアは賛否両論あります。今現在のスキンケアで問題ない人はあえてやる必要はないのかな?と思いますが、 いわゆる常識通りの方法で結果が出ない人は思い切ってやってみるのもいいんじゃないかと思います。