水洗顔【※裏ワザ】を解説します!

HOME > 水洗顔【※裏ワザ】
水洗顔をご存じですか!?

水洗顔というのはその名のとおり、洗顔料を使わないで洗顔する方法です。この水洗顔をはじめてから皮膚科に行っても、エステに行っても、高級化粧品を使っても 何をしても治らなかったひどい肌荒れやニキビ、乾燥肌が良くなったという人はかなりいます。

ぬるま湯でも皮脂や汚れの大半は落ちるので水洗顔でも大丈夫といえば大丈夫です。実は。トイレの後は水で手を洗って石鹸はつけないという人は多いとおもいますが 別にそれでもこれまで問題になったことはないと思います。洗顔も実は一緒なんです。

皮脂が変性した過酸化脂質は洗顔料を使わないと落ちないといいますが、過酸化脂質は水溶性なので水で落とせます。その他皮膚の汚れはほとんど水に溶けて落ちるようになっています。

水洗顔は引き算の美容法

美容成分を重ねる足し算の美容法の弊害

美容法というと肌に有効成分や栄養を与える足し算の考え方が根底にあります。そのため何か肌トラブルが起こったり 老化の兆候がみられると肌に何かを補給しなければという気持ちにさせられます。

というか、そう思うように洗脳されています。

そしてあれもこれもとスキンケア化粧品を試しているうちに肌の状態が改善されるどころかどんどん悪化してしまうのが普通です。 この負のスパイラルを断ち切るためには一度すべて断つということが実は有効です。

水洗顔もそのひとつです。

洗顔料を使った洗顔は気をつけているつもりでも、洗いすぎて乾燥や過剰な皮脂分泌の原因にもなってしまうことがどうしてもあります。 そもそも水で皮脂や大半の汚れが落ちるわけですから洗顔料をあえて使う必要があるのか?そんな疑問もありますしね。

メイクした日の夜やオイリー肌、思春期の人にとっては洗顔料は必要だと思いますが、寝ている間に汗や皮脂がでているからといって 朝しっかり洗顔するのはどうかな?と思います。化粧せずに1歩も外に出なかった日もそうです。あなたはどう思いますか?

いずれにせよ、足し算による美容法で肌に悪影響が出ている人、何をしても肌質が改善できない人は引き算の美容法を試してみてください。 いままで当たり前にやっていたスキンケアを止めるということです。

その手始めとして水洗顔はうってつけです。とりあえず、朝の洗顔を変えるところからはじめましょう。

水洗顔によくあるQ&A

Q. 毛穴のなかの汚れが落ちない気がしますが...。

A.多分落ちません。そのため水洗顔は「はたけ」と呼ばれる毛穴からの白いニョロニョロがでてきます。ここでめげずに水洗顔を続けると それもなくなり、肌の皮脂や水分のバランスがとれるようになって肌がつるつるになります。

Q. 水を使うのですか?ぬるま湯を使うのですか?

A.言葉足らずですみません。ぬるま湯です。32~34度ぐらいのお湯が過酸化脂質をはじめ皮脂がよく落ちます。

Q. 水洗顔はどんな肌質に効果がありますか!?

A.水洗顔は、角質層を守ることで角質層本来の力を引き出すことができるので、あらゆる肌質に有効です。乾燥肌や敏感肌、肌荒れ、ニキビにもうってつけです。 ただし、やりはじめの2週間程度は今の肌より状態が悪化することが多いです。