洗顔料選びのポイントを解説します!

HOME > 洗顔料選びのポイント
汚れを落とす機能に特化したものを選ぶ

化粧品メーカーが売り出している洗顔料のなかには、潤い成分配合というものがあります。これは実は油分を多く配合してだけで肌に油膜を張ってしっとりしたようにみせかけているだけのものです。

そもそも洗顔料に保湿成分などを配合したところですすぐ際に全部流れていくので意味がありませんし、ヌメリが気になるので、肌を擦ったり、洗顔時間が長くなってしまう原因になります。

保湿成分や油分は美容液やクリームで補えばいいので洗顔料には必要ないものです。そのため洗顔料を選ぶときは汚れを落とす機能に特化したものを選ぶようにしてください。

洗顔料の種類とその特徴

1、クリームタイプ

油分が多く界面活性剤が多いのでおすすめしません。しっとり系は特に油分が多く肌に油膜を残す仕組みです。

2、リキッドタイプ

クリームタイプと同様に油分が多く界面活性剤が多いのでおすすめしません。こちらもしっとり系は特に油分が多いです。

3、泡タイプ

泡立ちを良くするための発泡剤ほか界面活性剤など余計な不純物を配合しがちです。肌への刺激もバラつきがあり、選ぶのが難しいです。

4、パウダータイプ

酵素洗顔など特殊な洗顔料に多いタイプです。あまり使っている人はいないのではないでしょうか。洗浄力は商品によりまちまちです。

5、固形石けんタイプ

商品によりますが余分なものを含んでおらず適度な洗浄力で余分な油分が肌に残ったりしません。オイリー肌とは特に相性がいいです。

洗顔料のイチオシは「固形石けん」

洗顔後のヌルヌルは油膜か界面活性剤です。

いわゆる洗顔フォームといわれるクリームやリキッドタイプの洗顔料を使うと洗顔後に肌にヌルヌルが残ったりしますが、その肌に残るヌルヌルの正体は、うるおい成分という名の油分か界面活性剤です。

油分が肌の残るとそれだけ不快ですし、何とか落そうと肌を擦ればそれが肌ダメージになります。何より油分が肌に残っていると洗顔後に使うスキンケア化粧品の浸透が悪くなってしまいます。

界面活性剤も昔に比べると肌への刺激は緩和されましたが、だからといって肌にいいものではありません。そもそも洗顔やクレンジングを正しく使わないと肌トラブルを起こすかというと界面活性剤が入っているからであり、それが肌のバリア機能を壊すからというのを忘れてはいけません。

油分や界面活性剤を極力含んでおらず、その影響が少ないものを洗顔料として選ぶのが理想なので、一番のおすすめは固形石けんになります。 なかでも特に「純石けん」という自然原料から作られた石けんがあるので肌のことを考えるとこれが一番安全です。覚えておいてください。

Q. 洗顔料は年代にあわせて変えていったほうがいい?

A.変えなくて結構です。リキッドタイプやクリームタイプなど油分が多く界面活性剤も多いものは基本的にNGということだけ覚えておいてください。

Q. 肌が弱い人は固形石けんのほうがいい!?

A.肌への刺激は洗顔料によって異なるのでかならずしも固形石けんのほうがやさしいというわけではないです。固形石けんでも石油系の界面活性剤を配合しているものはあります。

Q. 弱酸性の洗顔料を使ったほうが肌にはやさしいですか!?

A.アルカリ性の洗顔料を使って肌のph値がアルカリ性に傾いても時間が経てば常在菌の働きで弱酸性に戻るので、わざわざ弱酸性のものを使う必要はないです。