洗顔の役割とは!?

HOME > 洗顔の役割と注意点
洗顔の目的は汚れを落とすこと。

顔の肌は露出しているため、車などの排気やほこり、たばこの煙など空気中に漂うさまざまな汚れに日々さらされています。さらに汗や皮脂なども分泌されているので 何もしなければ肌は汚れる一方です。

こうした顔に付着してしまった様々な汚れを洗い落とすのが洗顔の役割です。肌が汚いままだと雑菌が繁殖してしまったり、皮脂が酸化して過酸化脂質という肌にとって 刺激になる物質に変化してしまうため肌は常に清潔にしておく必要があります。

洗顔で洗いすぎることが肌トラブルの原因に!

肌に負担になる洗い方していませんか?

洗顔はクレンジングに次いで肌に負担をかけてしまうプロセスです。毎日行うものなので間違った洗顔を続けてしまうことは当然、肌を傷めることにダイレクトにつながります。

正しい洗顔ができているかいないかで使っているスキンケアアイテムは同じでもまるで結果が異なってくるといっても過言ではないんです。それだけ重要なのに正しくできている人はいません。

  • 泡立てが中途半端なまま使っている。
  • ゴシゴシと摩擦で洗っている。
  • 時間をかけすぎている
  • 洗顔料の洗浄力が強すぎる

このあたりが洗顔でつい手を抜いてしまったり、間違えやすいポイントです。些細なことですが、洗顔は毎日行うものですからその些細なことが積み重なって大きな肌トラブルを招くことになってしまいます。

洗いすぎがとにかく問題です!

洗顔でとにかく注意しないといけないのが「肌を擦るということ」と、「洗いすぎて肌のうるおい成分を必要以上に奪ってしまうこと」の2つ。この2つが重なることで肌のダメージだけでなく肌老化も一緒に促進されてしまいます。

泡立てが重要だったり、ゴシゴシ洗わないのは手と肌の摩擦を避けるためです。擦って洗うと角層が傷つきます。角層が傷つくと刺激に弱くなったり、肌にうるおいが保てなくなってしまうんです。

時間をかけたり、洗顔料の洗浄力が強すぎることの問題は、必要以上に皮脂を奪ってしまうからです。女性はただでさえ皮脂の分泌量が少ないのでそれを必要以上に奪ってしまうということは 乾燥を促進させるということですし、危機感を感じた肌からさらなる皮脂の分泌を促す原因になってしまいます。

肌がオイリーだと思っている人やニキビがある人は、時間をかけてしっかり洗顔する傾向がありますが、そうやって洗顔を頑張ることが肌を乾燥させて余分な皮脂分泌を促してしまっているわけです。

このページのまとめ
  • 洗顔は肌の清潔さを保つために欠かせないスキンケアです。
  • 肌に汚れが残っていると過酸化脂質という刺激物質に変化します。
  • 汚れを落とそうと擦って洗う、洗いすぎると角質層が傷つきます。
  • 角質層が傷つくと乾燥肌や敏感肌になります。

洗顔は美肌を保つうえで非常に重要なスキンケアのプロセスですが、汚れを徹底的に落とそうとするあまり洗いすぎなど 角質層を傷つけることにつながっている可能性があるので注意してください。