クレンジングの正しい使い方

HOME > クレンジングの使い方
クレンジングは潤いを残すことを考える!

メイク汚れを落とすことがクレンジングの役割ではありますが、クレンジングは肌のうるおい成分(セラミドなど)まで根こそぎ奪ってしまう難点があります。 そのため最小限の肌負担でメイク汚れを落とすクレンジングの使い方を身につけなければいけません。

クレンジングの使い方を誤ると乾燥肌や敏感肌に一直線です。気を引き締めていきましょう。

正しいクレンジングの基本

1、その日のメイクによってクレンジングを使い分ける。

ガッツリメイクをしたときはオイルやジェル、デイリーにはミルクやクリームなどその日のメイクの濃さや肌の状態で選ぶことで肌への刺激を最小限に抑えられます。

2、量はケチらず適量を使う。

肌に負担をかけまいと使用量をケチると肌になじませるときに摩擦が強くなるのでかえって肌によくありません。添付の説明書を参考に適用を使ってください。

3、皮膚の強い部位から順番にのせていく。

皮脂の多い部位=皮膚の強い部分でもあります。順番としては「Tゾーン」→「Uゾーン」→「目元・口元」です。指の腹をつかってやさしくくるくるとなじませていきます。 顔全体になじませるのにかける時間はおよそ40秒から50秒で行ってください。時間をかけるほど肌にとって刺激になります。

4、ぬるま湯を使って20秒ですすぐ。

クレンジングの後に洗顔すると思うので、多少のヌルヌルが残っていても洗顔で落とすので気にしないでOK。時間をかけないほうが大事です。ぬるま湯を使うのは冷たいと油分が固まるのか 落ちが悪くなり、熱いと皮脂やセラミドが落ちてしまって肌が乾燥するからです。肌を擦らないようにすすいでください。

クレンジングの疑問に回答!

Q. 毛穴汚れ用のクレンジングをみかけますが効果的なんでしょうか?

A.クレンジングはメイク汚れを落とすものです。毛穴の汚れをなんとかしようとマッサージなどをすると乾燥して余計に皮脂が分泌されそうな気がします。 毛穴汚れは洗顔で落とすようにしたほうがいいと思います。

Q. 肌荒れがひどいのでクレンジングが負担です。

A.クレンジングはお休みしてください。というかメイクもしちゃダメです。せめてつけていいのはミネラルファンデのみでしょうね。

Q. ポイントメイクをはどうしたらいいですか!?

A.全顔用のクレンジングで落ちるならそれに越したことはないですが、落ちないようなら専用のクレンジングを使って一気に落としたほうがいいです。 ただ、ポイントリムーバーを利用するようなメイク自体できればしないほうがいいですね。